Mom's Diary from New York

3度目のアメリカ滞在で、夫と二人の息子達とアメリカンな生活を送る日々....そんな日常と料理日記をブログにしました。笑いあり涙あり(!?)の奮闘記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Vacation Last Day

次男との初めての2人旅もいよいよ最終日。今日は、また5時間のドライブでコネチカットに戻ります。充分に楽しんだので、もう名残もなく、ハイウェイに乗って出発です。名残といえば、最初に訪れたボルティモアでの美術館が休館日で行けなかったこと。ボルティモアへは10時ごろつく予定なので、The Baltimore Museum of Art へ寄ることにしました。

DSCN1545_convert_20110906221827.jpg

 この美術館には、次男の大好きな現代アートのカンディンスキーの作品がたくさんあるからです。(私はこの人のこと知りませんでした) 息子が言うには、彼の作品は全てのバランスが計算されたような美しい作品なんだそう。美術館は気持ちのいい、Sculpture Gardenもあり、そのそばにあるCafeがちょっと気になります。しかしながら、中に入ると建物一部を改修中で、お気に入りのカンディンスキーの作品はひとつしか展示していませんでした。残念。

DSCN1546_convert_20110906221912.jpg
イサム ノグチ

166_convert_20110906222956.jpg
ロダン

DSCN1551_convert_20110906222011.jpg
アレクサンダー カルダー

 この美術館で、有名なのはMatisseの作品がかなりあることです。 これは、繊維王であったドイツ系ユダヤ人であるCone一家が収集した作品の一部で、これでもかというくらいの数です。その中でも、また次男の見てみたい作品(Blue Nude)というのがあったので、係りの人に聞いたところ、今はNYのジューイッシュ美術館に貸し出しているとか....またもやお預けです。(笑)フランス人のMatisseの生み出す色使いに、日本人とは違う芸術観を感じます。

 美術館を観終わった頃には、小腹も空いてきました。先ほどから気になっていたガーデンCafeでこの旅最後のランチです。チェサピーク湾で取れたソフトクラブシェルのパスタに、牡蠣のフライのサンドウィッチと、ちょっとおしゃれなランチ。長男いなく、何度か道も迷い、2人でけんかもしながらの珍道中でしたが、次男次女コンビも何とかやれました。(笑)

176_convert_20110906223054.jpg

175_convert_20110906223127.jpg

 残り、4時間のドライブも渋滞もなく、予定通り家に到着。家に入ると、それぞれのコンピューターに直行。お互い一人の時間をしばらく満喫。 旅もいいけど、やっぱり家は落ち着きますね!!

 

スポンサーサイト

PageTop

Vacation  day 4 前半

 ハリケーン アイリーンのせいで、なかなか街は落ち着かず、1週間たってやっと少しずつ平常に戻ってきた様子です。結局、ネットと電話が繋がったのは、木曜日の午後。ほっとしたのもつかの間、その日の夜と金曜日の夜に再び停電。30分以内で復旧したものの、もう心臓に良くありません。いつまで続くか分からない暗闇は、気持ちをド~と下げて不安にさせます。 笑

 さて、忘れないうちに旅行レポートの続き。再開します。

 4日目の予定は、朝からDCに息子と行って、ホロコースト 記念博物館を訪れること。懐かしい街並みを見ること。そして、美術館も持っているDCの中で有名なアートスクールを訪れてみることです。

 ホロコーストは名前のとおり、ナチスドイツによるユダヤ人の大量虐殺という、シリアスなテーマの博物館です。前回はまだ小学生だった次男にも是非と思って連れて行きましたが、意外にも歴史的背景や細かなことは、すでによく知っていた次男。もう少し踏み込んだ詳しい展示や資料でも良かったとか...彼なりの意見があったようです。でも、十分に考えさせられる意味のある博物館です。負の世界遺産であるアウシュビッツ収容所にいつか行かなければと、昔から思う私。

DSCN1465_convert_20110903211352.jpg

 ワシントンDC観光は、とにかく歩く歩く。ワシントンメモリアル塔を中心にモニュメントが点在する西側と、Museumが集中する東側とに大きく分かれていますが、本当に広い。おまけにこの日はまたまた暑い。東海岸気候になれた私たちには、それはそれはこたえます。(日本に帰ったらどうなることか??) 朝もしっかり食べたはずなのに、おなかも空いて倒れそうになって、アイスバーを食べたり、ホットドックを食べたりしながら、次なる目的地 コーコラン ギャラリーへ。中に入ると澄んだ空気を感じ、心が落ち着く不思議な美術館。長い歴史を持つこの美術館は、アメリカの美術収集家として有名な、ウィリアム ウィルソン コーコランが収集した絵画や彫刻が核となっています。併設しているアートスクールからは、何千もの生徒が世界の美術界に向けて巣立っていっているそうです。

DSCN1474_convert_20110903211525.jpg

DSCN1488_convert_20110903212044.jpg

DSCN1490_convert_20110903211636.jpg

 実は、この大学にはアポを取っていなかったのですが、突撃訪問。さすがに予約をしていないのでキャンパスツアーは無理といわれましたが、学校の資料を頂き、何か質問にはお答えしますよと中に入れてもらえました。ここのところのキャンパスツアーで少々慣れていた私たち。二人で、かなり具体的な質問を矢継ぎ早に。(基本息子が聞きますが、足りないと思うところを私が日本語で息子に、それを息子が英語で質問) その様子を見て、大学の方も熱意を感じてくれたのか、急遽キャンパスツアーしたい??なんて聞いてくれて、なんともラッキーなことにキャンパスも見せていただけました。こじんまりした少人数の学校で、なかなかいい感じ。 笑 こんな出会いはありがたいですね。

DSCN1496_convert_20110903211957.jpg

 さあ、目的も果たしたし、また友人たちの待つ VAのMcLeanに戻りましょう!!

DSCN1526_convert_20110903211853.jpg

 

PageTop

Vacation  day 3

懐かしい街に感動しながら、昨日はVAのホテルで休んで、さて3日目。朝から、次男はこの地での親友との再会。どこに行く?ってことになり、1年生のとき一緒に行ったDCの街をもう一回二人でと、言うことになりホテルまで友達のお父さんにPick Upに来てもらいました。なんと、次男と同じ位の大きさだったB君は、身長が185センチくらいにす~~っと伸びて、なんともハンサムな少年に!もう、感動。でも不思議な感じ。変わらない笑顔で安心。8年ぶりの再会にもかかわらず、二人は仲良く出かけていきました。

 夕方、DCから戻ってきた二人と、残りの家族がみんなで合流。私も、B君のママ、パパ、弟、おばあちゃんと感動の再会。まるで、当事に戻ったみたいに話にも花が咲きました。ディーナーはレストランに招待してもらって、うれしい時間はず~~と続きました。価値観が似ている家族とは、国籍や住んでいる場所が違っていても、ずっと繋がっているものなんですね。今度は、来年の春ここNYエリアでの再会を約束して、その日はお別れ。

DSCN1484_convert_20110828034940.jpg

 あとから、聞いた話。その日にDCにある宇宙航空博物館に二人で行ったとき、10年前に二人とも乗るのが怖かった宇宙体験型の乗り物に再び二人で。二人とも、当事の気持ちを覚えていたらしく、そんな懐かしいことを思い出して、もう、怖くないねって、笑って乗ったそう!! 二人とも、本当に大きくなったね。 

 そうそう、次男がDCに行っている間、私は12年間ずっとそのまま駐在で住んでいるお友達と再会。こちらも、懐かしいお友達の話や、学校の話をしながら美味しいランチタイムでした。なんだか、その日からまたこの街で生活できるんじゃないかと思うくらい、自然に馴染んでいく私でした。

DSCN1421_convert_20110828030507.jpg
毎年夏になると、通った会員制のプール

DSCN1425_convert_20110828031030.jpg
よ~くお邪魔したKちゃんのお家

DSCN1375_convert_20110828031159.jpg
夕方暗くなるまで遊んでいた近くの大きな公園

 Precious Time and Place は永遠に心の中で生きています

 皆さ~~ん、ありがとう。

 

PageTop

Vacation  day 2  後半

 キャンパスツアーを終えて、少しBaltimoreのダウンタウンを観光としてみようかと、これまた10年以上ぶりに水族館でも楽しむ??ってことになり、チケット売り場に並びました。全米の中でも3つの指に入るここの水族館。イルカのショーは、何度見ても、いくつになっても楽しめるので、うきうき気分で。しかし、残念ながら入場はできるものの、イルカショーのチケットは完売。ならば、諦めようと言うことで、初Hard Rock Cafeへ潜入。世界中の観光地にあるこのお店。中に入るのは初めて。なんてったて、この日も猛暑。何か飲まなくてはいられません。そして、涼みたい。(日本の暑さは比じゃないと思うのですが!)

DSCN1336_convert_20110822015242.jpg

DSCN1341_convert_20110822015333.jpg

DSCN1343_convert_20110822015414.jpg
 
 値段も見ないで注文したこのドリンク。確か、エナジードリンクにマンゴーとオレンジジュースが入ったもの。ぐいぐいと飲めて美味しかった~~。そうしたら、このグラスは帰りにお土産にもらえると、、ウェイターさんが説明するの。あとで、支払ったレシートを持って入り口のおみやげショップでもらえました。お値段は一杯、8.99ドルでした。(この値段は妥当??)

 エネルギーを無事チャージできたあと、さあバージニアへ向かいましょう!!ここから車で1時間弱。なんとも、8年ぶりです。長男がいる間に、行くことができなかったのが残念。昔住んでいた街は今どうなっているでしょう??

DSCN1366_convert_20110822015525.jpg

DSCN1367_convert_20110822015604.jpg

懐かしい道。そして標識。どんどん近づきます。わくわく、どきどきするこの瞬間。
不思議なことに、8年ぶりについたのに、長い旅行から帰ってきた感じ。少しずつ道も思い出してきて、すんなり馴染みます。

McLeanでご一緒だったみなさ~~ん、あの街は今も変わらず、きれいで穏やかでしたよ~~。

なつかしの小学校を訪れて、なつかしのPlaygroundで遊ぶ次男。一年生だったものね。 懐かしいこの太陽の日差し。
空の広がり方、光の差し方が微妙にコネチカットとは違いました。

DSCN1380_convert_20110822015709.jpg

DSCN1412_convert_20110822015819.jpg

DSCN1416_convert_20110822020300.jpg

DSCN1418_convert_20110822020341.jpg

長くなりましたが、夕食はなつかしの、ICHIBAN SUSHIで!! (Hさんの大好きな)
オーナーさんも変わりなく、12年前のオープン当事にこの街に住んでいたんですよ!!って、雑談したら喜んでくれました。
DSCN1419_convert_20110822020431.jpg
お寿司も美味しかったよ~~!!Hさん。(うにやいくらは食べなかったけど!!  笑☆)

PageTop

Vacation  day 2 前半

久々に身体に流れる汗を体験した野球観戦に疲れて、ホテルに直行した初日。さて、2日目は早起きでまた張り切って出発です。今回の旅の大きな目的である、大学のキャンパスツアー。かなり前から予約していたので、これを中心に旅の計画を組み込んだくらいです。

 キャンパスツアーは午後からなので、その前にベイブルースMUSEUM。 かの有名な、ベイブルースはボルチモアの出身。
彼の功績をたたえたMuseumが球場のすぐ近くにあります。実はここも2回目。でも、前回来た時次男は1年生。記憶にないそうです。おまけにそのころ、そんなに野球に詳しくないですからね。笑

DSCN1263_convert_20110820225617.jpg

DSCN1265_convert_20110820225706.jpg

DSCN1283_convert_20110820225753.jpg

 さあ、午後からはキャンパスツアー。目指した先はMICA。知る人は知る、アートスクールです。
美術館のような建物のメインビルディング。大学の色々な建物は点々とそのあたりに散らばっています。ちょっぴり、オカマなお兄さんの案内でレッツゴー!! 笑

DSCN1291_convert_20110820231656.jpg

DSCN1305_convert_20110820230033.jpg

DSCN1309_convert_20110820230136.jpg

 とても、しっかりしたカリキュラムの大学で、施設も充実していました。スポーツジムもあったり、専属お医者様も常にいるそうで、安心して送り出せそうな大学です。ちょっぴり、NYからは遠いけどね。

 DSCN1324_convert_20110820230329.jpg
Freshman Year(1年生)の寮

DSCN1323_convert_20110820230220.jpg
Junior, Senior Year(3年生、4年生)の寮  個室で広いアトリエ風だそうです

DSCN1328_convert_20110820230414.jpg
静かな街並み

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。