Mom's Diary from New York

3度目のアメリカ滞在で、夫と二人の息子達とアメリカンな生活を送る日々....そんな日常と料理日記をブログにしました。笑いあり涙あり(!?)の奮闘記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

温かい話

 私が、ここで学生生活をして得たものは、英語の力(そんな大した力じゃないけど…少しだけね)のみならず、ここでできた若い友達から学んだことも大きかったです。その学生の仲間は、ほぼ年齢は私の半分。もちろん、それ以下の息子と同じ年齢もいますから、私がかなり平均年齢をあげていたことは間違いありません。最後に受けていた、クラスでは最長老。そんな、私が若い友人から学んだことは、家族を大切に思うことや、感謝すること・・・、そして生きるために頑張っていること。そもそも、アメリカによりよい生活を求めてきている彼らは、貧しい。自分で住み込みで働きながら学校へ来ている子も多い。特に南米からの子たちは、冬になっても暖かい洋服がないので、薄着で学校へ来る。セールがあるからむやみやたらに無駄な買い物もしない。きっと、私なんて学費のことも考えず、のんきに通っていた唯一の生徒だったと思います。

 そんななかでも、この2年間すべてのクラスを相談して一緒にとった親友ができました。彼女なら、何かを頼むのも信頼できるし、誠実だろうなと思えたので、二人でずっと同じクラスを取りました。彼女は26歳。フィアンセと一緒に住んでいますが、すごく我慢強く真面目。クレジットカードも持っていないで、健康保険も入れず、この地で頑張っています。でも、そのフィアンセが今年アメリカの大学を卒業でき、仕事も見つかったので本当によかったと思っています。

 そんな彼女に、失礼かなと思ったけど、私の着なくなったコートや、息子たちの服をもらってもらいました。すると、すごく喜んでくれて、何と祖国のお父さんや弟さんに送ったそうです。息子たちの洋服がはるか南米のブラジルで喜ばれていると聞いて、胸が熱くなりました。それと同時に、自分たちの送っていた当たり前の生活が、なんと贅沢なものだったのか、なんと無駄が多かったのか、これまた反省。

 一度、クラスの友達にこんなことを言われました。あなたは日本っていう国に産まれて幸せね・・・と。そうなんです、世界の多くの国の人たちは、本当に貧しくて、厳しい環境の下生きているのです。教育にも経済的にも恵まれている私たち日本人は、このありがたみをしっかりと自覚し、与えられる教育や、何かにチャレンジできる機会を大事に使わなきゃと・・・思う私です。この年になって、大学に通い、カルチャーショックをあらたに感じられたことは、大きな収穫かもしれません。

スポンサーサイト

PageTop

無事に終了

 長男の受験がおわり、次男のアメリカ大学進学がきまり、そして最後に私の長かった2年間の大学生活がやっと終わりました。最後の授業は昨日でしたが、実はオンラインのクラスのオンラインでのテストがまだ残っていたのでした。それが、先ほど1時間半という時間制限の下、やっと無事に終わりました。

 これにて、晴れて私の大きな任務終了です!!

 振り返ると、長かった・・・・けど、家族の歴史がその中に刻まれているような貴重な時間で、本当にこれこそ充実という文字がぴったりかもしれません。息子たちがいるからできた・・・。母親だからできた・・・。というのが本音で、そうでもなければ私に大学生活は無理だったと思います。行ったとしても、すぐに脱落…逃げていたはず!!泣いてもやめられない義務でしたから。

 先日、最後のエッセイを夫に直してもらおうと、送ったところ・・・意外にも 英語の文章うまくなったじゃない!!っていう返信。一応、その道のプロにほめてもらったので、ちょっとだけ嬉しかった半面、まだまだ思うように書けない未熟な自分を知っているので、心からは喜べませんが・・・。

017_convert_20120510111903.jpg

 昨日の最終授業でのPartyには、いつものカリフォルニアロールを作って持参。これも私の最後のお務め。日本人代表として、やっぱりきちんと持って行きたかったので、お役目は果たしてきました。 お寿司はいつものことながら一番人気。 あっという間になくなります。日本じゃ作らない、カリフォルニアロールが作れるようになったのも、今回の成果かな??

 さて、パッとしたいところ、次男の卒業をしっかり見守って、日本への帰国準備をして、立つ鳥跡を濁さずで・・・潔く日本へ心を向けます。

 PS 昨日、2年分のたまった教科書を、Book Storeに売ってきました。 終わった瞬間、そうしたかったんです。もう、テストも受けることはないと願いたい・・・。もう、学生にはならないと確信したい・・・。(笑)何百ドルで買ったテキストBook たちは、50ドルになりました。これで、ぱっとランチでもしてきます。
 

PageTop

強い味方が到着

 例のあれが届きました・・・。頼みもしないのに、困ると思ったのか、夫は海外速達便で・・・。1500円も出して・・・。別にケチる訳でもないのですが、そこまで急がなくても1週間で届くのに・・・。困ってはいたものの、本来はないものだしね・・・。と、文句の多い依頼人の私ですが、なんと土曜日に日本を出て、月曜日に届きました。そう、学校で読んでいる本の日本語版。

DSCN2244_convert_20120202123531.jpg
実は表紙もタイトルも違ったので本当に合っているかどうか心配でしたが、同じもので安心!!
 
 それにしても、やっぱり日本語でも、かなりマニアックな内容。科学の好きな男の人が読む本です!!でも、これがあると心が急にハッピーになりました。内容がわかりにくいものでも、日本語だとすぐに読めます。言っていることの概要がわかれば、英語でもかなり楽。わからないことが解決しないストレスから逃れられます。ヨカッタ!!

PS 二つの本を読み比べながら読解していたら・・・案外翻訳ミスがあるものです。発見したとか、結論付けたという動詞(Determine)を、推測したって訳しているものですから、なかなか質問の解答が見つからず・・・。温度の表記も原本では華氏(Fahrenheit)で書いているのに、日本語訳では摂氏(Celsius)になっているので、温度がおかしい・・・。
(そんなどうでもいいところを見つけるくらいなら、自分で読めよ!!ということでしょうが、本当に助かっていますので文句は言いません)

PageTop

始まっています・・・。

 しばらくご無沙汰していましたが、20日から私の大学が始まっていました。今回は、オンラインで受けるクラスもあり、週に2回だけ大学へ通い、あとは家で課題に励みます。5月まで14週あるので、28回学校へ行くだけでいいのは、かなり負担が少ないです。しかし、クラスで読んでいく本が、今回はかなり好きじゃないジャンル。地球温暖化についてのレポート本のようなもので、専門用語は山盛り。おまけに、全く知識がない訳で、読んでいて悔しくなってきます。どんなに大変でも、辞書を引きながらストーリーがわかれば楽しいものも、嫌になってきます。生物学者の名前も、覚えられません。島の名前や、海峡の名前、地名・・・と、どんどこ出てきます。やっと、第一章を読みましたが、どうなるんだろう・・・。 

DSCN2241_convert_20120129120317.jpg

 そんな、唸っている私を次男が見て、そんなに頑張っていい成績取ろうとしなくてもいいじゃない!!と・・・。さらに、今回は息子の大学の出願準備で忙しいし・・・なんて ウソをつけばいいじゃない!! どうせ、何にもなければソファーに転んでのんびりしてるだけだけどね・・・、だって!! 聞き捨てならぬことを言うではないですかと、一瞬むかつきましたが、否めないところもあるわけで・・・。(笑)

DSCN2242_convert_20120129120358.jpg
なんで、理科の授業のように、CO2と氷河面積との相互関係は??なんて、質問に答えなきゃいけないの??
一生懸命、読みながら、表を作って理解しようとしている、痛々しいメモが・・・。

 私の本音は、前回と同じ教授のクラスなので、期待にこたえたい変な気持ちがあるのです。せっかく、頑張ってAを取れた授業ですから・・・。それに、その教授、ちょっぴりブラッドピットに似ているし・・・。やっぱり、頑張るしかない。

 日本のアマゾンで日本語本を見つけました。日本の自宅から、ただ今アメリカに向かう飛行機の中だと思います。
今回は、両方を同時に読んでいくしかない・・・。 脳のエクササイズになると、信じて・・・。

PageTop

今季も終わりました

 8月30日から始まった、私の大学の秋学期も昨日19日で、無事に終わりました。やっぱり、この4ヶ月は長かった・・・。おまけに今年は長男の受験も同時進行。次男も、受験準備中。あっち向いたりこっち向いたり、ハラハラしたり、焦ったり・・・、ホントに盛りだくさんでした。やらなければならないから、やるしかなかったけど、やっぱりそれなりに授業の内容も濃くなり、エッセイの課題はかなり大変でした。まあ、少しは得るものがあったのかな???と、思うものの、なかなか上達しないのが、Speaking。これが、難しい説明をしようとすると、出てくる語彙が少ない(泣)。読むスピードは速くなったかもしれないけど、Readingで理解できる語彙も、アウトプットになるとすんなりいかない。これは、永遠の課題なのかもしれません。もう若くないから、脳の発達になかなか結びつきません。

DSCN2150_convert_20111221100829.jpg
今学期の後期のエッセイの成績。次男に依頼したエッセイだけ97、5点。前期も含めて頑張っても95点まででした・・・。ちょっとだけ、感謝しましたが・・・やっぱり罪悪感。 来期は全部、自分で頑張ろう!!


 そんな、この4ヶ月で確実に得たものが一つあります。それは メカタ(体重)。
そう、大変なのに食欲は落ちなかったのね・・・。おまけに、運動不足。学校から帰ると、眠くなってお昼寝。充分に休息は取るので、身体はおかげさまで元気なんですが、脂肪も私の周りにしっかり仲良くくっついてくれています。来年の帰国を考えると、こんな身体では帰れません。

 明日から、私は絶対に食べ過ぎません。歩きます。ワインも控えます。めざせ、マイナス3キロ!!いや、2キロでとりあえず頑張ります。汗かかなきゃね・・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。