Mom's Diary from New York

3度目のアメリカ滞在で、夫と二人の息子達とアメリカンな生活を送る日々....そんな日常と料理日記をブログにしました。笑いあり涙あり(!?)の奮闘記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Happy Thanksgiving Day

 ブログまだ続いています。

 11月22日はアメリカではサンクスギビングデーでした。ご存じのように、クリスマスと同じくらい大きなイベントで、家族で集まり今年の収穫を祝うという伝統行事です。アメリカでは、毎年この行事について幼稚園から小学生、そして中学でもその歴史について学びます。家族でターキーを囲んで頂く晩餐は、ある意味家族のいない私たちにとっては淋しいもの・・・でした。どこかのお家にお呼ばれに行ける年は、ほっと一安心でした。

 今年は、私たちは日本ですが、大学に通う息子のことが心配でした。ありがたいことに高校卒業時に、息子の友人のママたちや高校のアートの先生から、そんな時はうちに来なさいね!!なんて何人にも言っていただけていました。おかげさまで、息子君、アムトラック(アメリカの鉄道)に乗ってDCからホームタウンへ戻り?!友人のママに駅まで迎えに来てもらい、無事にThanksgiving Dayを楽しめたようです。友達にもたくさん会え、そしてやっぱりその街が落ち着くとか・・・。(笑)息子の大学は、6日間もある今回のお休みですが、3件のお宅にお世話になるそうです。そして、とうとうクリスマス休暇まで、日本に帰って来なくてアメリカに滞在したいとか言っている息子です。どうなるのか?今度は寮のルームメイトのお宅に滞在させていただきながら、そこを拠点にまたホームタウンへ行くとか・・・。
初めての、2大行事をどう乗り越えるか心配な今年です。

あ~私も、ホームタウンへ行きた~~い!!

スポンサーサイト

PageTop

独立宣言?!

 ひょっとしたら、これが最終回でしょうか? 無事に次男のいるワシントンDCを訪問して、先日帰国しました。おかげさまで次男は元気に暮らしておりました。少々、ジャンクな食べ物、それに食べる時間が不規則なせいで、太っていましたが・・・。まあ、痩せてはいないので飢えてはいないということです。大学の授業が忙しく夕方まで何も食べられないっていうこともあって、時間があるとき、お腹が空いたときに食べるという・・・生活だそうです。好きなアートの勉強ができて、それは充実した様子でした。意外にも、将来を見据えて卒業後のことも考えている様子。アメリカの大学を選んだ本意をこの期に及んで聞くこともできました。日本の大学も一つだけ受けてはいたものの、それは私を安心させるためとかで…本人の意思ははっきりとアメリカと決めていたそうです。思いのほか18歳の次男は、オトナでした。そして、私に面白おかしく放った言葉…それは、”ママと暮らすことはもう一生ないかも・・・”です。思わず、笑って、”いや、絶対にまた一緒に住んでやるからね!!”なんて負けずに私も言いました。でも、これって、彼の独立宣言だと思いました。ありがたい言葉です。まだまだ、本当の意味での独立ではありません。あと何年、仕送りをするのかもわかりません。でも、彼の独立への決意と、一人で生きる自信への手応えを感じました。長男のような安定した将来ではないかもしれないけれど、それ以上に可能性を感じた私。ハラハラドキドキですが、楽しみながら見守りたいと思えた今回の訪問。次男の巣立ちを心から応援しようと思いました。

そんなこんなでこのブログもそろそろ最終回?。いやいや、日本での様子もまた自分の記録として残していきたいと思います。そんな新しい場所が見つかったら、このブログでまた報告します。しばらくは、続くという感じの形でお待ちくださいね!!

それにしても、長い私の海外生活日記でした。色々ありましたが、学生をしながら二人の息子と一緒に奮闘した最後の2年は本当に私には宝物のような時間でした。あんな時間は、もう二度とないと思うと淋しくもありますが、今度はまたまた新たなLifeを楽しんで行こうとひそかに計画しています。お楽しみに~~!!

 

 

PageTop

子離れ・・・

前回のブログから、またご無沙汰でした。別に忙しいわけでもないのに、書かないというのは、きっと伝えたいことがなかったからでしょう・・・(とほほ・・・)暇なわけで、友人たちと会って、食べてしゃべって、笑って・・・まあ平和に暮らしています。

 昔からですが、家でだらりんと過ごすのも、お出かけするのも大好き。どっちかじゃないとだめっていうのではないので、まあ極めてのんきな性格だと思います。子供たちの世話や、彼らのスケジュールに追われることのない生活…おまけに夫と二人・・・これがどうなるのか自分でも想像がつかなかったのですが、意外と平気でした。もっと、悲しくて夕方になったら涙でも出てくるのかと思いきや、夫もいない夕飯なんていう日は、学生時代の下宿生活を思い出すような、なんともいえない気楽気ままな自由時間です。

 しかし、小さい子や、制服姿の中学生やお年頃の高校生をみたりすると、胸がキューンとします。涙もたまにじわっと出ます。よその子がかわいいの・・・。子育てをしていた頃の色々なことを思い出すのか、もう御隠居さんの気分。(笑)

316_convert_20121015221113.jpg
日々、子供たちの写真をみて過ごしています(笑)

 先日、年上のお友達に、意外と上手に子離れできたねって、言ってもらえました。その言葉が何よりも嬉しくて、自分でも安堵しました。そうなれたのも息子たちが、母にメールの返事ができないほど(笑)、母を忘れて電話もかけてこないほど、忙しく楽しくしてくれているおかげです。そう、彼らが淋しく暮らしていたら、私も淋しいから・・・。私の幸せ度は彼らの幸せ度に比例しています。やっぱり子供と母親って、離れていても繋がっている気がするのです。たまのメールで、短くありがとうなんて言ってもらえるだけで、母は元気になれます。言葉短かでも、絆を感じているつもりの私。

 明後日から、次男に会いにアメリカへ行ってきます。今年だけは大学の行事に参加しようと以前から計画していました。どうなっているかな~~??美味しいものをいっぱい食べさせてきます!!
 

PageTop

新しい時間

 9月もいよいよおしまい。忙しく慌ただしい時間が流れていましたが、やっと静かな時間が訪れました。
この4年間それはそれは忙しくも充実した時間でした。特に、最後の1年は身体が一つでは足りなく、時空を越えて生活できるものならば・・・と、思っていたくらい。泣きながらやっていた大学の宿題も、今では懐かしく、もう一度やりたいと思うくらい・・・。何なんでしょう??(笑)

 次男とともに再度アメリカに渡り、息子は無事に大学の寮にはいり、アメリカの大学で本人の望むアートの勉強に励んでいるようです。おかげさまで、3人部屋の寮の部屋で元気に暮らしています。と、言ってもいつ連絡しても、只今忙しい・・・とか、部屋で映画鑑賞中とか、何かと理由をつけて声が聞けたのはつい先日。久しぶりの私との日本語での会話。まだ日本語大丈夫でした・・・。(ハハハ・・・)そんな次男も、自分で洗濯、掃除、自炊、お金の管理・・・と頑張っています。特に心配だった金銭感覚。何にも考えないで、あるだけ使うという…ちょっと心配な浪費家だったのに・・・電話での会話で、なんと・・・

IMG_1694_convert_20120929233646.jpg
次男の通う大学。ホワイトハウスの隣です。世界で一番セキュリティーの高い?!場所です。

DCは物価が高いんだよ・・・。  です。
確かにNYに比べると、日本の物を手に入れるにはお店も少ないし高いかもしれませんが、そんなに生活物価は変わらないはず。でも、自分で管理するようになるとそう思えるんですね。お金の価値がやっとわかってきているようです。色々な意味で、きっと成長していくのでしょうね。

305_convert_20120929232642.jpg

 そんな次男と、アメリカで別れた後、私は日本に戻ってきました。アメリカからの引越し荷物、70箱が私を今か今かと待っていました。しかしながらなかなかスイッチが入らない。急ぐ必要もないし、まだまだ暑い。おまけにいつでも眠ってもいいという状態ですから、時差ぼけもなかなか抜けません。やれやれ困ったものだと夫からはたまにチクリと言われていましたが、やっと涼しくなったここ10日ほどで、なんとか片付きました。
(続く)

PageTop

5 Weeks and 6 Weeks

4年半ぶりに、実家岡山に戻っていました。私がいないこの4年間で岡山市は政令都市になり、街はかなり変わっていました。特に駅に近い実家までのアクセスがかなり変わっていて、迷子になりそうでした。

 次男も同じく4年半ぶり。その間にすっかり不思議な日本人になってしまっているので、彼の観察眼はちょっと違っていてその彼の感想を聞くのは面白いものがありました。西日本に位置する岡山の人々の顔立ちはかなり関東の人と違うそうです。そう言われてみると、岡山の人の方が顔が関東より濃いみたいです。そして、女性の身長が高い。きれいな人が多いそうです。(???)若者が思ったより多く、その若者たちの反応がすごく面白かったのは・・・・、息子たちをガン見することです。特に次男は日本の同年代の子と服装や立居振る舞いが少し違います。ちょっと珍しいタイプなので見られるのかな??と思いましたが、長男までが…すれ違う同年代の男女にガン見されていました。これって、関東との違いなのか??この地では異人をストレートに見るようです。関東やわが町湘南では絶対にそういうことがありません。たぶん、関東の人は他人に興味がないのか、または見ないふりをするのか??とにかく地方によって日本も文化が違うことを痛感しました。面白いですね~~。

 久しぶりに高校時代の友人たちにも会い、お互いに見た目は変わりながらも、お互いに全く変わらないねと、励ましあいながら、笑ってしゃべって、飲んで、食べて、楽しい時間を過ごしました。この年になると、本当にこうやって友人たちと会える時間が懐かしくてたまりません。

 こちらに戻ってきて、いよいよ次男の旅立ちまで10日弱になりました。無事に学生ビザも取得でき、授業料や寮のお金も払い込み、あとは行くだけです。長男もやっと夏休みになって、車に乗って我が家に戻ってきました。久々の親子4人での生活です。息子たちは、コロコロ一緒に過ごしたり、そてぞれの世界に入ったりですが、日常という感じが自然です。

 親子4人で一緒にご飯を食べる時間、一緒にオリンピックを見る時間、買い物に行く時・・・など、こんな日常が今では貴重な時間なんですね。ありがたくこの時間を大事にしながら、さてアメリカ出発準備をそろそろ始めます。

 




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。